FC2ブログ
私的ファッションニュースチェック
個人的に気になったファッション関連ニュースをチェックしています。
アムラーファッションの復活近い
アムラーファッション、コギャル・・といった姿は、
かつて一世を風靡していましたが、
もうほんとに昔のことですよね。

でも今見ても、やっぱりかわいいと思います。

お顔を小さく、手足を細く長く見せるために、
いろんな経験と工夫がナチュラルにされている感じがします。

ミニスカートと長いブーツ、鉄板の組み合わせですよね。

昔、ブーツじゃないときは、
もふもふした長いソックスとか合わせたときもある気が・・
自分ではやりませんでしたが、
モデルさんたちのかわいらしい姿、覚えています。

ファッションというのはめぐるものですから、
令和の今になってとっても新鮮に映るところもあります。

流行りの若い方々がこうやってまとってみせると、
ファッションの流れを左右することになっているのかもしれないですね。

---------------------------

女優の二階堂ふみ(25)が30日、自身のインスタグラムを更新。アムラー風のギャルファッションを披露。ファンから反響を呼んでいる。

 ファンからは「安室ちゃんみたい!」「アムラーですね!」「めちゃくちゃ可愛いです!」「ナイスコギャル」などの反響のコメントが相次いでいる。

(スポーツ報知----- 2019年11月30日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

ブラックフライデーのバナナパブリックのセール
ブラックフライデーがいつからメジャーになったのか。

というか、ブラックフライデーは、メジャーなんでしょうか。

Amazonでは大々的にセールの告知をしています。

通知もたくさんくるし、
お得感満載ですが、実は定価がかなり高く引き上げられていたり、
いろいろ付随して情報も多く起こっています。

詳しくはわかりませんが、
バナナリパブリックというお店では、
ブラックフライデーならではのセールをおこなっているとのこと。

購入金額は25%オフ、
一部のセーターは3990円と、確かにお得です。

みてみると、わりとスタンダードなデザインの製品が多くて、
誰でも手に入れたくなるようなポピュラーな感じですね。

男女ともいい感じに値段も下がっていて、買いやすい雰囲気。

ブラックフライデーはよくわかりませんが、
これに乗ってお得な買い物ができるならいいかもしれないです。

Amazonでもいろいろな製品が出ているので、
ちょっと見に行ってみたいと思います。

---------------------------

「バナナ・リパブリック(BANANA REPUBLIC)」 では11月23日と24日の2日間限定で、ブラックフライデーのセールをオンラインストアと各店舗で実施。購入金額が25%オフになるほか、一部のセーターは3,990円に値下げしています。税込1万2,000円を購入した人はオリジナルキャンバスクラッチバッグの特典も。また。入荷したばかりのホリデーコレクションのアイテムを使ったスタイリングイベントを開催しています。

■BLACK FRIDAYSTYLING EVENT
開催期間:2019年11月23日(土・祝)、24日(日)
開催店舗:マロニエゲート銀座3店、新丸ビル店、コレド日本橋店、東武百貨店池袋店

(Fashionsnap.com----- 2019年11月20日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

トレンドとしてのスーツ
ニュースで取り上げられていたトレンドに
「スーツ」があって、不思議な感じがしました。

スーツといえば代表的なお仕事着ですが、
そういえば今は、スーツそのものが素敵という女性は、多くはないのかも。

スーツを着るお仕事というと代表的なのは営業さんかと思うのですが、
営業スーツはだいたい、新卒とそれほど見た目のかわらない黒のスタンダードなスーツ。

やはりおしゃれすぎるものは選びにくいのだと思うのですが、
それでも、大人の女性で、責任ある仕事をしている営業担当なら、
その人の個性とかが際立つような、
個性的なデザインだったり、

かっこよくておしゃれな人だ
という印象になるようなスーツが求められてもいいような気がします。

女性らしくウエストを絞ったデザインとはまた違い、
普段からメンズライクな服装が好きな人は、
メンズライクなものでよいと思うのですよね。

個々に好きなスーツを追求できるような、
そういうスーツの時代が来たらおもしろいかなと思います。

---------------------------

今回真っ先に「買わねば春を迎えられぬ」と思ったのが、5要素の1つ「スーツ」です。以前から店頭でも見かけていますが、オフランウエイでは「レディライク」というよりハンサムな着こなしが多く、パンツはシンプルな太め、ジャケットは丈やベルトで一癖つけた組み合わせにキュンキュンでした。「西洋人とは体型が違うからスナップは参考にならないよ〜」という方はMytheresaのファッション・バイイング・ディレクター Tiffany Hsu( @handinfire )の着こなしをご覧ください。台湾にルーツを持つ彼女の着こなしは嫌味なくクールでハンサム、時にセクシー。なんのためらいもなく明日にでも転生したい。

(WWD JAPAN.com----- 2019年11月15日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

リンネルがファッション雑誌売り上げ1位
ファッション雑誌は休刊などが多く、
あんまり攻勢を保っている感じはしないのですが、
そんな中、「リンネル」は
、前年に比べると110%の伸びで、
コンビニ・書店実売で1位になったそうです。

あの雑誌は昔からありますが、
昔はどちらかというと
ちょっと変わったナチュラル系の服を扱っていることが多く、
王道であるOLさんとかが会社で着る服装は、
まず参考になるものがないため、
やっぱり主力はそっちという気がしていました。

しかし、実売で1位ということは、
それだけ、普通に会社に着ていける服の幅がひろがって、
会社でも好きなファッションを、
おしゃれであれば取り入れられる、
という状況の変化があるのでしょうか。

ナチュラル系でも、傾向がいくつかあって、
中ではいちばん実用的だった気はするので、
生き残っているのもわかる気がします。

---------------------------

一般社団法人日本ABC協会より、2019年上半期(1~6月)の雑誌販売部数が2019年11月8日(金)に発表されました。同協会に参加する月刊女性ファッション雑誌の販売部数において、株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行する『リンネル』(175,917部)が前年同期比(2018年1~6月)伸長率110%と部数を伸ばし、書店・コンビニの実売で1位となりました。2位には前期(2018年7~12月)と同様に『sweet(スウィート)』(151,383部)がランクインし、好調をキープ。トップ10内には宝島社の雑誌が5誌入り、ファッション誌の市場占有率が26%を超え、9年連続でトップシェアを獲得しています。

(PR TIMES (プレスリリース)----- 2019年11月8日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

ファッション業界が停滞方向に?
このところ、ファッションの話では
フォーエバー21が日本を撤退するとか、
いろんなあまりよくないニュースが多いようです。

なんとなく停滞気味というか・・。
パーッと流行ったものがスーッとひいて行くタイミングなのでしょうか。

そんな中、ファッションビルのマルイの関連店舗が、
京都と川越のお店を閉店することになったそうです。

ファッションについては感度が高い人が低くなることはないと思うのです。

だから、好みにあっている服を
ずっとちゃんとアップデートしながら販売し続けていれば、
売上が極端に落ちていくことはないのではと思うのですが、
なかなかそうもいかないのでしょう。

流行り廃りがあるものですから、
常に喜ばれる商品を作り続けて、
販売し続けるのは難しいのでしょう。

しかし、閉店となったお店は、
売上が伸びているのに、
思ったよりも伸びが鈍化したのが閉店の理由だとか。

経営というのは、同じように売れ続けているだけではダメなのですね。

ファッション界も、常に伸び続けていく商品を、
常に開発し続けるのは大変だということがわかります。

それで、さまざまな商品を販売する多角化があるのでしょうが、
あまり手を広げて支持をさげても困りますし、
利用者の本当に求めていることを提供し続ける難しさがわかります。

---------------------------

ファッションビルの「マルイ」を運営する丸井グループは、売り上げが伸び悩んでいることなどから、京都市と埼玉県川越市の店舗を来年、相次いで閉店することになりました。

「京都マルイ」は、デパートの「四条河原町阪急」の後継店舗として平成23年=2011年にオープンし、昨年度の売り上げは48億円余りとなり、売り上げは伸びていましたが、当初の想定に比べて伸びが鈍化したことから閉店を決めたということです。

(NHK NEWS WEB----- 2019年11月1日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

オルニチンの口コミ
夏が終わりに近づいて涼しくなってきましたが、
それと同時に、なんだか疲れが抜けない感じが続いています。

毎朝、目が覚めた時に、
なんかパッとしないんですよね。

体全体が重い感じて疲れている感じなんです。

疲れている感じがするので、
睡眠時間を長めにとるようにして、
少なくても7時間は眠るようにしていますが、
それでもなかなか疲れが抜けない感じが続いています。

季節の変わり目は体調を崩しがちになりますが、
今回は疲れが体から抜けない症状です。

そこで、何か良いサプリメントはないかと探してみたら、
オルニチンが疲労回復に良いみたいなんですよね。

草野仁さんややくみつるさんがテレビCMでもやっている、
協和発酵バイオのオルニチンの口コミをいろいろと読んでみて、
これはいいかもと思って注文してみました。

口コミで参考にしたのが、
こちらの、【協和発酵バイオ「オルニチン」効果の口コミ】です。

こつらのサイトの運営者さんの症状が、
私の症状にかなり似ている感じで、
オルニチンを飲んだらある程度良くなったみたいですので、
私も試してみようと思ったんです。

さっき注文しましたので、
今週中には届くと思います。

早く、オルニチンを試してみたいです。

テーマ:サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ロイヤルファミリーのロイヤルブルー
ロイヤルブルー、
というパキッとした青、
わたしはとても好きなのです。

自分でもときどき着るのですが、
やはり、雑誌の写真などでみる
雅子様の美しさには惚れ惚れしますね。

ロイヤルファミリーという言葉が
ぴったりの気品のある青の着こなし。

美しいというだけでなく、
明晰な気概も感じさせるようなファッションです。

ファッションというのは、
その人の有様をあらわす場合も多いですが、
いろいろ大変なことがおありだったであろう雅子さま、
ロイヤルブルーのスーツやワンピースが、
それでもいつもお似合いでした。

これからは、ますます美しく、海
外の要人とも台頭に英語でお話なさる外交力を活かし、
ロイヤルファミリーの気品あるドレスの
着こなしをみせていただけることに期待したいと思います。

---------------------------

ミモレの『毎日、雅子さま』にて公開中の写真から、雅子さまのファッション&スタイルをテーマごとにご紹介します。
今回はご愛用の1着、ロイヤルブルーのセットアップをピックアップ。雅子さまは着回しやリフォームなどで、お召し物も大切になさっていますが、そのお心が伝わってきます。

(Yahoo!ニュース----- 2019年10月21日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

高見えするGUのメンズパーカー
パーカーが恋しい季節になってきました。

先日、GUによったところ、
ちょうどよいカーディガンが売っていたので
これからの季節用に購入しましたが、
このごろのはやりでは、
パーカーは女性者は短いものが多いです。

短くて横が広いデザインは着慣れないので、
ちょっと違和感があると思っていたのですが、
記事で、GUのメンズパーカーが良い感じにできているという情報が。

見ると、たしかに生地がしっかりとしていて、
フードも立っていて、安っぽくはみえないですね。

GUのパーカーは、そういうふうに形がしっかりしているところが好きです。

ちょっとした古着でも、
1000円は超えることが多いですが、
その点GUは値段は1500円を切ることも多いし、
とても手軽に購入できる値段ですよね。

以前はユニクロがこういったアイテムの定番でしたが、
今やGUになってきているのかもしれません。

流行りものを入手するという意味でもGUは狙い目ですが、
最近は品物も、普段づかいにちょうどいい感じになってきたので、
今度また寄ってみたいと思います。

---------------------------

フードが立ちます!しかもずっとこのままをキープ。高見えパーカーには「立体的なフード」、もうハズせない常識ですよね!

これで定価1,490円(+税)は、もう驚きしかないです。色々なメンズパーカーを見ましたが、この価格で「内生地フリース&立体的シルエット」というクオリティの商品は、他に見つけることができませんでした。GU公式サイト(メンズ)でも、ここ最近はランキング1位2位を争っている超人気商品ですね!(10/3現在)

(Yahoo!ニュース----- 2019年10月19日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

オンワード樫山の閉店とネット通販
先日、オンワード樫山の店舗が
多数閉店という記事を見て驚いていました。

オンワードは、独自店舗が地方都市でもあり、
昔から、ちょっと特別な、
多少高めな年代向けのおしゃれな服を売る店として認識していたので。

だから私自身は購入することがなくても、
確実にある一定層にはよく購入されているに違いないと思っていたのですが、
やはり近年のファッションの傾向などからいって、
安くて通販で手に入るタイプの服のほうが強くなっているのですね。

そういうのでは買わない大人の女性がきっといるのだと思っていました。

ネット通販はとても進化し、
動画などを駆使して、布地の感じを雰囲気で確かめられたり、
購入後一度は返品できたりと、
柔軟な対応をするように進化してきたところもあります。

やはりそういったネットショップの工夫を上回る、
実店舗のあるアドバンテージを示せないと、
ファッションの流行り廃りをとらえて採算のあるお店運営は難しいのかもしれないですね。

---------------------------

 「23区」などのファッションブランドを展開する「オンワード」は、国内外の数百店舗を閉鎖する方針を明らかにしました。背景にあるのは、ネット通販の拡大で、ファッション業界では新たな取り組みも始まっています。

 「アパレルの消費マーケットというのが、弱含みな状況が続いていることはご承知のとおり」(オンワードHD 保元道宣社長)

 アパレル業界大手の「オンワード」は今後、3年から5年の間に採算のとれていない国内外の数百店舗を閉鎖する方針を明らかにしました。背景にあるのは、ファッションの分野でも広がってきたネット通販の存在です。

(TBS News----- 2019年10月4日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

黒は引き締め、白は膨張
よく、しろやピンクは膨張色で、
黒は引き締まって見える、とか言いますよね。

なんとなくそんな感じがするので、
自然とそのつもりで色を選んでいましたが、
実際に実験をした結果というのが載っていました。

実験結果としては、
本当に黒のほうが引き締まって見えた率が高く、
白っぽくて、しかもウエストがわからない状態にしていると太って見える、
という結果になったそうです。

実験してみなくても感覚的なことと同じなので、
あんまり意味はない気がしますが、
根拠というか、統計的にそうだとなれば、
服を選ぶ際に参考にするひともいるのかも。

というか広告づくりなどでこういうのを踏まえて文言を選ぶ、という使い方もありそうですね。

---------------------------
その結果、白い服に比べて、黒い服の画像では、スリーサイズがそれぞれ1.8センチずつ細く見えることがわかった。さらにシャツの裾をタックイン(たくし込む)すると、さらに1.3センチずつ見えることも判明した!

 次にシャツの裾をタックインさせることで、脚の長さがどう見えるかについても比較したところ、裾を入れるだけで脚が平均して7センチ長く見えることも突き止めた!

(ハザードラボ----- 2019年9月28日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

60代に向けたファッションの発信
年金の問題とかで6
0代以降にはあまり明るい話題がない感じですが、
ファッションの世界では新しい雑誌が生まれていました。

60代以降の女性のために、
ファッション誌が登場してかなり売れているとか。

内容が紹介されていましたが、
メイク術や、着回しなど、
若い女性のものと何も変わらないです。

モデルになっている方々は
とにかくオシャレで、元気そう。

60代の女性というと
もっともっとおばあちゃんをイメージイラストに使われるくらいな年代ですが、
これに取り上げられている人たちは全然そんなことがなく、
びっくりするほどきれいですね。

もちろん、もともとモデルさんだったり
ファッション界で活躍している方なのだと思いますが、
60代になったから、
もう女性としての楽しみは全てダメみたいな気持ちになるより、
こうして頑張っている方々がいるのだから、
わたしも楽しくやろう、と思える、
同年代の女性がたくさん出てくれば、
いろんなことが活性化してくるのかなと思いますね。

服の特集では、若い人たちと
着回しするような描写がとても魅力的でした。

若い頃にはできなかった思い切った服装を、
この歳だからできる、という考え方も素敵ですよね。

---------------------------

60代の女性たちと雑誌の関係について、神下さんはこう話します。

「今60代の女性たちは、若い頃にちょうどananやnon-noなどが生まれた時代(注:それぞれ70年、71年に創刊)。つまり、ファッション誌とともに育ってきた世代なんです」

「教科書のようにファッション誌を読んで学んできたのに、60代になった途端、自分たちの世代に向けた雑誌がなくなった。突然放り出されて困っている……そう感じている人も多いようです」

(BuzzFeed Japan----- 2019年9月15日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

ピエール・カルダンさんの半生が公開
ピエール・カルダンさんの
半生を追った映画ができたのだとか。

1950年代から自分のアトリエで制作していたそうで。

ピエール・カルダンという名前は、
ファッション分野をあまり知らないわたしも名前は知っています。

いちばん眼にした覚えがあるのは、
ピエール・カルダンというロゴが入ったカップとかでしょうか。

ファッションアイテムじゃないですね・・
でも、そういった感じで、
贈り物などとしてロゴが入ったものをもらう、
というイメージがあります。

そういう、代名詞的な方がいまもちゃんとご存命で、
今でこそ言える当時の気持ちや、
エピソードなどもたくさんあることでしょう。

ファッションの世界は若い人たちの世界と思われることはあるし、
奇抜で新しいものがいいとされると、
古いものは淘汰されてしまうわけではなく、
今でもその名前がちゃんと残っていて現役というのは、
ファッション界の方々の目標としてもふさわしい存在なのかも。

---------------------------

『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』(17年)や『マックイーン:モードの反逆児』(18年)などファション・デザイナーをテーマにしたドキュメンタリー映画のヒットが続くが、今年のベネチア映画祭では20世紀のファッション界に革命を起こした大御所デザイナー、ピエール・カルダンの半生を追う『HOUSE OF CARDIN』がワールドプレミア上映された。

(ELLE----- 2019年9月3日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド