FC2ブログ
私的ファッションニュースチェック
個人的に気になったファッション関連ニュースをチェックしています。
映画『幸せになるための27のドレス』のファッションショー
映画『幸せになるための27のドレス』の公開iに合わせて
「27のドレスファッションショー」を東京の池袋で開催したようですね。

パルコとスターダストプロモーションが共同で開催し、
雑誌などで活躍しているファッションモデルが
27種類のブライダル・パーティドレスを着たようです。

-----------------------------------------

芸能事務所・スターダストプロモーションとパルコが25日、映画『幸せになるための27のドレス』の公開(5月31日)を記念して"27のドレスファッションショー"を東京・池袋で開催した。

『幸せになるための27のドレス』で、花嫁付添い人として他人の結婚の世話をする主人公のジェーンが、27着のドレスを持っていることにちなんで企画されたファッションショーでは、ファッション雑誌で活躍中のモデル5人(寺本愛美、岡本杏理、大政絢、葵、花形綾沙)が登場し、27種類のブライダル・パーティドレスを連続で身にまとって、華麗なウォーキングを披露した。映画公開を記念して作られた特注のドレス姿を披露した寺本は「こんなドレス、滅多に着られないので嬉しい!」と感激している様子だった。

また、葵は「女性なら共感できる映画。最後にはジーンときました」と映画も忘れずにPRした。同作は、人気海外ドラマ『グレイズ・アナトミー』(2005年~)でエミー賞助演女優賞を受賞したキャサリン・ハイグルの主演作。花嫁付添い人として他人の結婚式を成功させることに生き甲斐を感じていたジェーン(ハイグル)が、自分の幸せのために、悩みながらも前向きに踏み出そうとする物語だ。5月31日日比谷みゆき座ほかで全国ロードショー。

(マイコミジャーナル - 2008年5月26日)
--------------------------------------------------
PRADAケータイ、プラダの携帯電話
NTTドコモの携帯電話機種の一つに
イタリアのファッション・ブランドPRADA(プラダ)と共同開発した
「The PRADA Phone by LG」を投入するようですね。

メーカーは韓国のLGで、6月から発売されるようです。

同携帯電話は欧州では約9万円、
アジアでは約11万円で発売されていて、
日本でも同じくらいの販売価格になるのではということです。

-----------------------------------------

 韓国のLG電子は2008年5月8日,イタリアのファッション・ブランドPRADAと共同開発した携帯電話機「The PRADA Phone by LG」を日本市場に投入すると発表した。NTTドコモの販売網を通じて,6月にも発売される見通しだ。

 同電話機は,2007年2月に開催されたモバイル展示会「3GSM World Congress(今年からMobile World Congressに改称)」で発表していたもので,日本は45カ国目の発売国となる。国内での販売価格は未定とするが,欧州では約9万円,アジアでは約11万円で発売されており,日本で同程度の価格帯が見込まれる。高価格帯の商品ということになるが,既存の44カ国合計で80万台を売り上げているという。今回の商品に「数は追わない」という両者だが,「未発売の日本と米国を除いてこれだけ売れたことは素晴らしい」(PRADAの事業開発ディレクター ジャコモ・オヴィディ氏)と,内部での評価は高いようだ。オヴィディ氏によると,後継商品も企画中だという。

 都内のPRADAショップで会見に臨んだLG電子のマ・チャンミン常務は,「新商品を通じて,消費者に新しいユーザー体験を提供したい」と語った。PRADA製品と同様,購入時に製品の梱包パッケージから取り出すときの楽しみや,モノトーンのメニュー画面やタッチスクリーンに代表される製品自体の高級感などをユーザーに訴求するという。本体は厚さ12.7mmと薄型で3インチ型のワイド QVGA 液晶パネルを搭載する。通信速度は最大7.2Mビット/秒で,フルブラウザ機能や音楽・映像配信機能もついており,カメラには200万画素のCMOS撮像素子,レンズにはシュナイダー・クロイツナッハ製を採用する。

 最初の発表から日本市場への投入まで1年以上が経過している。日本市場への投入が遅れた理由として「日本のユーザーは機能や品質への要求が高く,開発に時間がかかったため」としている。こうした時間差は,いずれ改善される見通しだ。NTTドコモは,携帯電話機向けの統合ソフトウエア「オペレータパック」の開発を進めている。同ソフトウエアでは,世界中のどの市場でも必要なソフトウエアと,事業者固有のソフトウエアを分離した構造になっている。これが完成すれば,海外メーカーが国内市場向けに製品を投入する際の垣根はぐんと下がる。

(ITpro - 2008年5月9日)
----------------------------------------------------