FC2ブログ
私的ファッションニュースチェック
個人的に気になったファッション関連ニュースをチェックしています。
ハイファッション休刊
有名デザイナーがつくり、かつ自宅でくつろぐことができるリラックスウエア「イエナカ」ファッションが5月から売り出しとか。
最近、すごもりといって、家にこもりきりな人もおおいそうです。
そういう人は、日中急に、人が尋ねてくると大慌て!
これなら、そのまま外にでても違和感ないし、ちょっと株があがりそうなファッション性です。
ハイファッションの休刊が決定しているとか。
最終号は、2月26日。この雑誌は、新鮮なファッションの情報というだけではなく、美しいビジュアルと、盛りだくさんの内容で、読者をずっと刺激し続けてきました。
こういう休刊は淋しいですけど、ボリュームたっぷりの最後の特集は、コム デ ギャルソンだそうです。
デザイナー川久保玲は、ファッション界というワクを突き抜けて著名な方でもありますし、どんな風に掲載されているのか、ぜひみたいなと思います。

---------------------------
休刊が決定した雑誌「ハイファッション(high fashion)」の最終号が2010年2月26日に発売
した。注目の最終号となる4月号では、「コム デ ギャルソン自由編集」と題し、「COMME des GARÇONS(コム デ ギャルソン)」を60ページにわたり特集している。

 文化出版局が発行する「ハイファッション2010年4月号」の注目ページは、スペシャルエディション「コム デ ギャルソン自由編集」。「コムデ ギャルソン」、「コム デ ギャルソン・オムプリュス」のファッションページの他、ユナイテッドアローズ上級顧問兼クリエイティブ・アドバイザーの栗野宏文氏によるコム デギャルソン論、過去のコレクションのアーカイブ写真、世界各国のショップ紹介、最新のパリ・メンズコレクション情報、アート、ヘアメイク、音楽など、デザイナー川久保玲氏の生み出すクリエーションを全方位的にわたり紹介している。
(Fashionsnap.com - ‎2010年2月26日)
-------------------------------------------
イエナカファッション
有名デザイナーがつくり、かつ自宅でくつろぐことができるリラックスウエア「イエナカ」ファッションが5月から売り出しとか。
最近、すごもりといって、家にこもりきりな人もおおいそうです。
そういう人は、日中急に、人が尋ねてくると大慌て!
これなら、そのまま外にでても違和感ないし、ちょっと株があがりそうなファッション性です。

---------------------------
そごう・西武は18日、プライベートブランド(PB)から、自宅などでくつろげることを意識した婦人向けの“イエナカ”ファッションを5月中旬から売り出すと発表した。

 節約のために外出を控える「巣ごもり消費」と呼ばれる傾向が強まる中、同社では、有名デザイナーの島田順子氏との共同開発で新しいファッションジャンルを提案し、“独り勝ち”の「ユニクロ」に対抗する。
(SankeiBiz - ‎2010年2月17日)
-------------------------------------------

岩手発ロリータファッション
ロリータファッションというと、首都圏でよくイベントなどが開催されるようですが、意外と地方にもロリータな子をみかける機会ってあります。
何でもない田舎の街中でも、自分の好きなふりふりファッションで、楽しそうに元気に歩いているのをみるのは、華やかだし、結構楽しいものです。
岩手のIT企業と縫製会社が組んで、ブランドとして売り出すようですが、新しいファッションの流れとしてうまくいくといいですね!
-----------------------------
岩手県のIT企業と縫製会社が、共同でロリータファッションの新ブランドを立ち上げた。フリルドレスに象徴されるロリータは、世界の若い女性から支持される日本発祥のファッションの一つ。「かわいい」と「中高年世代も着こなせる」をコンセプトに岩手発ブランドを世界に売り込む。

 ブランド名は「Mielette Tautou(ミエレット トゥトゥ)」。ミエレットは「はちみつ」、トゥトゥは「かわいい」を意味するフランス語で、甘い雰囲気の女の子をイメージした。

 久慈市の縫製会社「プランタンいずみ」が製作した商品を、盛岡市のホームページ制作会社「ホップス」がインターネットで販売する。
(河北新報 - ‎2010年2月9日)
-------------------------------------------

ファッションショーをリアルタイムに
ブロガーがファッションショーを、いち早く速報的に伝えて、それが大きな影響力を持ってきているとは聞いたことがあります。
最近だとそこにTwitterが加わって、ますます「リアルタイム性」が追求されてきた感があります。
アメリカのニュースサイトで著名だというその子は、11歳でブログをはじめたとのこと。
そうなっていると、ネットが生まれながらにしてあるので、「ない」状態に陥るとどうなるのか予想がつかない気がしてきます。
-----------------------------
アメリカで話題になっている女の子が昨年末来日したので、見に行った。彼女の名前はタヴィ・ゲヴィンソン。ブログ「スタイル・ルーキー」が注目を集める13歳のブロガーだ。

 見た目は普通の女の子。11歳で始めたブログでは、独特の服のコーディネートをした自身の写真を掲載したり、ファッションについてコメントしたり。生まれた時からパソコンが身近にある世代は小さいころからこんなこともできるのか、という感じがする。今回の来日は、タヴィが敬愛する日本のコム・デ・ギャルソンの招待で実現した。

 昨秋のニューヨークコレクションでマーク・ジェイコブスなど人気デザイナーのファッションショーに招待されてからというもの、雑誌に登場したりメーカーと契約したりと、ファッション界の“スター”となっている。それにしても、シカゴ郊外のファッション好きの女の子のブログがこうもアメリカのファッション界をどよめかせるとは驚きだ。
(読売新聞 - ‎2010年2月4日)
-------------------------------------------