FC2ブログ
私的ファッションニュースチェック
個人的に気になったファッション関連ニュースをチェックしています。
パリス・ヒルトンの魅力
パリス・ヒルトンさんがファッションショーで、バービー人形と評されたとか。
評論家としては、あまりよい意味でいったわけではなかったそうですが、
パリス自身は、ほめ言葉としてそれを受け止めてコメントを返したのだそうです。
ほんとうにお金持ちで、何度もトラブルにあっても、それを致命傷にするでもなく、
またファッションの世界にちゃんと花を咲かせるパリスヒルトンは、
本当のカリスマ的魅力を培っているなあと思えます。

---------------------------
ブラジルのサン・パウロ・ファッションウィークに参加し、トライトンの2010/11夏コレクションのモデルを務めたパリス・ヒルトンが、「お人形さん」との批評を笑い飛ばした。

 ビッグポンド・ニュース.comによると、パリスは挑発的な白いドレスを着てキャットウォークで歩き、大喝采の中、カメラに投げキッスをしていたとのこと。しかし、そんなパリスに対し、ファション批評家たちは「まるでプラスチックのバービー人形」と批判的なコメントをし、ブラジル人のメイクアップ・アーティストも、「きれいだけどジゼル・ブンチェンほどの美ぼうではない」とコメントした。ただ、パリス自身は人形と同じに見られたことはまったく気にせず、逆に光栄だと思っているようだ。「ほめ言葉として受け止めているわ。だってバービーはわたしにとってアイドルよ」と余裕のコメントをツイッターで発信している。
(MSN エンターテイメント - ‎2010年6月26日)
-------------------------------------------
レインコート・レインブーツ
梅雨時のファッションというと、レインコート、ブーツなどでしょうか。
でも今年は、水をはじく男性向けのカバンカバーや、より防水性の高い、しかもファッショナブルなレインブーツなども多いようですね。
レインコートは、どうしても気温が高いとムシムシしてしまって、着ているのがつらくなります。
レインブーツは、雨の中でも元気に歩けるし、普段歩いて駅まで通っているような方なら、いつもと同じ感じで家を出られるのがありがたいのではないでしょうか。
機能性一辺倒ではなくて、ファッショナブルに考えられているのがうれしいとこですね。

---------------------------
兵庫県内の百貨店の店頭で華やかな雨靴やレインコートなどが人気を集めている。梅雨時の「レインファッション」は年々多彩になり、今年は女性用のショートブーツのほか、男性向けのかばん用カバーなども登場。デザイン面で“晴雨兼用”できる商品も目立ち、天気の変わりやすい時季にぴったりだ。

 そごう神戸店(神戸市中央区)は昨年の1・5倍の品数をそろえた。今年の注目は男性向け。仕事用のかばんにかぶせる防水カバーやスーツに合うようなシックなコートなどを購入するビジネスマンが目立つという。

 大丸神戸店(同)では5月下旬から、靴やコートの販売を始めた。「今年は雨の日でなくても楽しめる商品が多い」といい、鮮やかなショートブーツやヒールのあるパンプスなどが人気。レインブーツはすでに定着し、ファッションに合わせて2、3足目を買う女性も少なくないそうだ。
(神戸新聞 - ‎2010年6月17日)
-------------------------------------------

着るリゾート
去年あたりから、ゆるゆるのファッションが流行していて、
普段着るのがとっても楽で、助かります(^^;
バカンスムードのあるファッションは、体も楽ちんですが、気分的にもリラックスできて、
日常着にぴったりなんですよね。
あまりにもエスニックだとちょっと・・・という人にも、今年はちょうどいい感じが流行っていて、
選択肢が多いので助かります。

---------------------------
「着るリゾート」で心ほどいて--。今夏はナチュラルで開放的な装いが街にバカンスムードを吹き込みそう。ゆるくリラックスした着こなしがベースだが、エスニックやカジュアルに寄せすぎず、華やぎあるスタイルに仕上げたい。夏旅風のスタイリングは、街中でも肌越しに伸びやかな気分を忍び込ませてくれる。(ファッションジャーナリスト・宮田理江)

 無理に気張っていないのに、目を惹(ひ)くインパクトが今夏流。マキシ丈のワンピースはその筆頭格だ。たっぷりした布地が風をはらみ、裾(すそ)が揺れ躍る。体形をカバーしながらも、女性らしさを引き出してくれるから、スタイルにあまり自信のない人にも心強い。幅広い年齢層が自分スタイルで着こなせる点も支持されている。
(MSN産経ニュース- ‎2010年6月13日)
-------------------------------------------

マクラメレース・ダンガリー・フォークロア
いっきに夏らしさがましてきて、ファッション館は今年の流行にあわせたディスプレイが楽しいですね。
中でもめをひくのが、マクラメレースのベストや、そでなしのカーディガン。
あと、ダンガリーのはおりものです。
ダンガリーは、春先はシャツがほとんどでしたが、初夏になってきたらベストや、ショートパンツなどいろんなアイテムが増えてきて、楽しいです。
それと、サンダルの充実ぶりも特徴的な気がします。
木製やコルクの靴底で、高さ的にはハイヒールだったり・・デザインは、フォークロア一辺倒な感じですね。
カジュアル好きにはうれしい傾向です♪

---------------------------
涼しげなマクラメレースのチュニックにロールアップしたデニムを合わせたフォークロア調のナチュラルなスタイル。足元は注目のサボ(フランス語で木靴の意味)をアレンジした、木の靴底のオープン・トゥ・サンダルを合わせている。シュシュで束ねたヘアスタイルも相まって、夏らしいさわやかなコーディネートになっている。
(J-CASTニュース- ‎2010年6月3日)
-------------------------------------------