FC2ブログ
私的ファッションニュースチェック
個人的に気になったファッション関連ニュースをチェックしています。
エイミー・ワインハウス
エイミー・ワインハウスが亡くなりました。
少し前、ツアー中の公演できちんとした歌が歌えず、ファンがとてもがっかりしたという記事をみていましたが、まさかこんなに早く亡くなってしまうとは・・
でも、ビーハイヴに、長く濃いアイライナーをくっきりと引いた彼女のファッションは、古くて新しいものとしていろんな人に受け入れられている気がします。
このまま、いろんなことが済んで、エイミー自身のことが薄れていっても、ファッションアイテムとしてのエイミーは、永遠に残っていくのでしょうね。

---------------------------
ビーハイヴの髪型に、長いアイライナーを引いたエイミー・ワインハウスはもう、この世にいないが、彼女のファッションは今後も生き続けるかもしれない。
2010年秋のコレクションから、イギリスのファッション・ブランド、フレッド・ペリーとコラボレーションした洋服を紹介してきたエイミー。

彼女は昨年の『ハーパース・バザール』10月号でのインタビューで、2012年の秋冬コレクションの準備もしていると告白していた。そのため、ファッション業界の内部関係者の間では、フレッド・ペリーで少なくとも「2011年秋」「2012年春」「2012年秋」のコレクションが今後展開されるのではとの憶測が飛んでいる。

また、英『デイリー・メール』紙も、フレッド・ペリーがエイミーとのコラボ続行に意欲があるのではないかと報じている。エイミーが先週末に急死して以来、同ブランドのオンライン・ショップでのエイミーのコラボ製品の売り上げは、これまでの20倍という驚異的な伸びを記録しているという。

だが、現時点ではブランド側から正式な発表はされていない。ファッション関係のサイト<Fashionista>は、今後のコラボ製品の展開は「ブランドとエイミーの遺族や関係者と協議するまで、保留のままだ」と報じている。

エイミーがプロデュースしたフレッド・ペリーのラインアップは、こちらから見ることが可能だ。

(AOL Celebrity- ‎2011年7月30日)
-------------------------------------------

節電ファッションコンテスト
楽天で、節電目標を達成するべく、それに対応した普段着を披露しあうファッションコンテストが行われたそうです。
そうですよね。本気の節電には、日本の古めかしい「ビジネス様式」をとりはらうことも必要だと思います。
お客さんのところへいくときは、相手の会社に合わせるのは仕方がないとしても、
社内でなら、節電を優先してくだけたファッションでいても全然おかしくないと思います。
ただし、そこで周囲の人が、まゆをひそめるようなファッションでも困るので、「ファッションコンテスト」は良い試みだと思いますね。
普段着・くだけた仕様でしかも人にあっても好感の持てる服、って意外と難しいですから。
---------------------------
この夏、前年比で40%の節電を目指す楽天で20日夜、「ファッションコンテスト」が開かれた。職場の冷房を制限し、社員の服装の自由度を高めた。その普段着を披露しあい、目標達成に向けて節電意識を高めようと催された。

 ビアパーティーを兼ねた催しで、社員約600人が参加。会場の社員食堂に、アロハシャツや涼しげなドレス、浴衣、民族衣装など色とりどりの装いで集まった。

 楽天は、電力使用制限令の「15%削減」を上回る目標をたてている。「プロジェクト60」の名で、データセンターでの電力抑制なども含めた節電策を敷いてきた。4月の削減幅は43%で目標を達成したが、5月は35%にとどまった。

(朝日新聞- ‎2011年7月20日)
-------------------------------------------

ファッションを学んだ人たち
松本市のデザイン専門学校で、ファッションショーを行ったそうですね。
古着の浴衣に別の布などを縫い合わせリメークした「再生浴衣」などもあったそうで、ファッションを学ぶ人たちならではの、鮮度の高いショーになったのではないでしょうか。
こういうところから、将来ファッション業界を担っていく方も出たり、あるいは、ファッションのお勉強を生かして、違う職業についていったり・・
ついた職業が何にせよ、「装う」ということを学んだ人たちは、きっと人に対してアピールできる要素をもった、素敵な大人になるでしょうね。
---------------------------
松本衣デザイン専門学校(松本市)の生徒34人による浴衣などのファッションショーが14日、松本城本丸庭園で始まった。和装して訪れると松本城の入場料が無料になるサービスが16日に始まるのを前に、関連イベントとして初めて開催。15、16日も行う。

 ショーの冒頭では自前の浴衣を着た生徒たちが、事前予約で浴衣を着付けた一般参加者4人と笑顔で登場。その後は生徒だけで、海の生物をモチーフにした自作の洋服や、古着の浴衣に別の布などを縫い合わせリメークした「再生浴衣」を着て、曲に合わせて歩いたり踊ったりしてアピールした。
(信濃毎日新聞- ‎2011年7月14日)
-------------------------------------------


ファッション業界は残酷?
ハリーポッターでおなじみのエマワトソンさんが、インタービューで、ファッション業界についてお話ししたそうですね。
野蛮で残酷でもあるファッション業界、と。
洋服が、どんな国のどんな人たちの手でつくられることで、大量消費・大量生産を実現しているか・・
それを考えてしまうと、あんたんとする気持ちにはなりますよね。
彼女が着るようなブランドの服も、やっぱりそういう工程をへて出来ているのでしょうか、私としては謎ですが。
むしろ、本当に安い服だと、工場でばんばん、企画どおりに作られているだけ、という感じになって、ある意味ドライに着られるのかもしれないですね。

---------------------------
 [シネマトゥデイ映画ニュース] 映画『ハリー・ポッター』シリーズ最終作の公開を夏に控え、今やハーマイオニー役を超えて女優、モデルとして活躍するエマ・ワトソンだが、ファッション雑誌「ハーパース・バザー」8月号で、ファッション界は「野蛮で残酷だ」と語っている。

エマ・ワトソン出演映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』場面写真

 これまでフェアトレード・ファッション・ブランドの「ピープル・ツリー」でデザインを手がけたり、バーバリーのモデルを務めたりと、ファッションの世界でも存在感を強めてきたエマ。3月には「ランコム」の広告塔に決まったことを明かし、21歳の若さで早くもファッション・アイコンとしての地位を固めつつあるエマ。しかし本人は華やかな業界のダークな部分もよく理解しているよう。同誌のインタビューのなかで「(ファッション界は)野蛮で残酷でもあるわ。美しくいなくてはいけないけれど、ある意味それは作られた美しさなの。
(シネマトゥデイ - ‎2011年7月4日)
-------------------------------------------

女の子のファッション
女の子のファッションについて、男性がここがいいあそこがいい言っている記事をたまに見ますね。
そうすると、いろんなことばでいろんな評価が出ていたりするわけですが、
総合的に、「自分が好ましいタイプの色気があるか」というところに終着点があるような気がします。
よって、そこを意識して女の子があれこれかえたところで、
逆に、「男にうけようと思ってやってそう」などという感想を抱かれてしまってはどうにもなりません。
つまり、男受けとか考えず、
自分が着たいもので、周囲も一般的には許容範囲のもの、
もしくは、許容範囲を超えていたとしても着たいもの、を楽しく着るのがやっぱりいいのではという気がします。

---------------------------
梅雨がまだ明けないうちから、東京でも35度以上の猛暑日が続きました。
節電にスーパークールビズと、今年は例年にないほど肌を露出する機会が増えそう。
となると気になるのが、男性からの目線。男性は、女のコのどんな服装がNGなのか? 20~30代の男性にアンケートを実施し、ホンネを聞いてみました。

◆(1)レギンス・トレンカ

「艶やかで足が細く見えるし、肌触りが気持ちいい」「黒の曲線が美しい」といった賛成派がいるものの、「手を抜いてごまかしている感じがする」「やっぱり女のコは生足がいい」と、反対派が多いのがレギンスとトレンカ。
「トレンカは野球のアンダーシャツみたい」(26歳・SE)

「口説き落とした女のコのショートパンツを脱がせたら、江頭2:50状態になってしまい、盛り上がった気分が台無し」(32歳・証券)

「デニムのショートパンツとレギンスのコーデは可愛いけど、ショーパンからポケットの裏地が出ているのはみっともない」(28歳・自営業)

(日刊SPA! - ‎2011年7月1日)
-------------------------------------------