FC2ブログ
私的ファッションニュースチェック
個人的に気になったファッション関連ニュースをチェックしています。
高校生の手作りファッションショー
高校生がすべて手掛けるファッションショーが開かれたそうです。
衣装作りから、舞台演出、モデルもすべて自分たちで作ったとのことで、
高校生なりの独創性があって、素敵ですよね。
きっと、今現在の達成感もすごいものがあるでしょうし、大人になってからもファッションに対する気持ちを、
大事にして、個性的なファッションを楽しんで行ってくれるでしょう。
---------------------------
スポットライト浴びクールにポーズ―。衣装づくりから舞台演出まですべて高校生が手掛けるファッション20+ 件ショーが23日、横浜市南区の県立横浜清陵総合高校で開かれた。華麗な衣装に身を包んだ「高校生モデル」が、約200人の熱い視線を受けながらステージ上を練り歩いた。

 独創力向上と交流を目的に毎年開かれ、11回目を迎えた「県高校ファッション20+ 件フェスティバル」(同運営委員会主催)。今回は神奈川総合、市ケ尾、港北、希望ケ丘、鶴嶺、星槎学園高等部北斗校の計6校の男女生徒が、各校ごとに「四季」や「夢」といったテーマでショーを繰り広げた。
(カナロコ(神奈川新聞) - ‎2011年12月24日)
-------------------------------------------

ファッションの王道とは
昔は、王道のブランドとか、職場に着ていくにはこれというブランドがあったと思いますが、
今は、かなりそれがくずれてきている気がします。
なんといっても、ジーンズを、ファッションのひとつとして、会社に着ていくアイテムにとりいれられるのですから。
時代は変わりますよね。
時代とともに、王道のファッションブランドというのもかわっていくのだと思います。
---------------------------
Q.王道ブランドって何でしょうか?

世間で一定の評価があって、ハズさないことかと思います。あと、ものがしっかりしていて、タイムレスという側面もありますね。つまり、費用対効果が高いということです。例えば、エルメスのバーキンなどはシンボリックですが、100万以上してもへたれることなく代々継いでいくことができる。へたれたとしても、その経年変化に価値がある。まさに、王道ブランドですよね。

Q.ビジネススタイルでアイテムごとに王道といえるようなブランドをお聞きしたいと思います。まず、スーツはどうでしょうか?

スーツの場合、これが王道といえるブランドはないでしょう。

(マイナビニュース - ‎2011年12月16日)
-------------------------------------------

クリスマスイブ前にファッションイベント
ファッションと音楽を愛する人のためのスペシャルイベントが、クリスマスイブ前夜に開かれるとか。
東京のファッションシーンをリードするメンバーが大集結するとのことで、どんなことになるのか、わたしなんかは想像がつきません・・。
が、きっと思い思いのファッションで、コンセプトにあったパフォーマンスをみせてくれたり、するのでしょうね。
なんだかすごい世界を想像します。

---------------------------
ファッションと音楽を愛する人のためのスペシャルイベントが、クリスマスイブ前夜の2011年12月23日(金)、渋谷のclubasia(クラブエイジア)で開催される。

参加アーティスト・バンドは、「PEACE PILL」の浅野忠信に、「Dead poets society」として、タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATheSoloIst.)デザイナーのミヤシタタカヒロ、ハウル(HOWL)デザイナーのモチヅキ タダシ、ルリ、そしてナカオケンタロー(Cript City)。DJはアンダーカバー(UNDER COVER)の高橋盾、タイシ ノブクニのTAISHI NOBUKUNI、ジーディーシー(GDC)の熊谷隆志、ホワイト マウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)の相澤陽介、スタイリストの源馬大輔ら、東京のファッションシーンをリードする豪華メンバーが大集結!そこへラッド ミュージシャン(LAD MUSICIAN)やロエン(Roen)のショーでもおなじみの佐々木潤、SILVA、アートディレクター・グラッフィクデザイナー近藤麻由(MAYU KONDO)によるプロジェクト"PUNKADELIX"らも参加が決定。

(Fashion Press - ‎2011年12月9日)
-------------------------------------------

上戸彩さんのファッション
上戸彩さんが、これまでの印象とは違うオトナの雰囲気でファッションショーに登場したとか。
年齢的にも、もう元気いっぱいというよりは、いろんな面で幅をみせていきたいところですよね。
そういうところに、ファッションの印象というのは大きくかかわります。
今回選ばれたような、胸元の大きく空いたファッションも、この年齢だからこういう形に着られたというのもあるかもしれません。
よい年ごろに、いろんなファッションで新たな姿をみせてもらいたいです。

---------------------------
2012年の春夏コレクションのファッション20+ 件ショーに胸元が大きく開いたドレス姿でランウェイに登場した上戸は、笑顔は封印して大人の雰囲気を醸し出しながら堂々と歩き、観客から拍手喝采を浴びた。

計3着のドレスを着た上戸は「緊張する暇があなくてアタフタしてしまって、あっという間でした」と感想を語り、「まさかこのようなショーに出られるとは思わなかったのでうれしかったですね。皆さんの歓声を聞いて快感でした!」と笑顔を見せた。「背伸びせず、自分に合ったドレスを選んだ」といい、「着心地が良くて色もキレイですよね。『ESCADA』は大人のブランドというイメージがありましたが、私も女の子らしいラインのドレスを着て、美味しいご飯やお酒を飲みに行きたいです」と目を輝かせた。

(マイナビニュース - ‎2011年12月3日)
-------------------------------------------