FC2ブログ
私的ファッションニュースチェック
個人的に気になったファッション関連ニュースをチェックしています。
今年注目のペイズリー柄
そろそろ暑さを感じる時間帯がある季節に突入してきましたね。
夏に向けたファッションショーが、新宿の小田急百貨店で開催されたそうです。
いろんなシチュエーションにあったスタイルが紹介されていて、

今年の水着は、トレンドとして注目のカラフルペイズリーがとりいれられたとか。

ペイズリーも、時々周期的に流行するように思います。

ただ、そのときによってアジアンな暗めなトーンだったり、リゾートを連想する明るい色合いだったり・・・
時代の空気を反映して、変わっているのかも。

---------------------------

夏に向けて最新の水着や浴衣、リゾートファションを紹介する「サマーリゾートファッションショー」が25日、小田急百貨店新宿本館(東京都新宿区)で開催された。「友達同士で江ノ島」「箱根で浴衣を着て女子会」「カップルでハワイ」「海外リゾート地で買い物」など10シーンに合わせたスタイルが紹介され、水着は今年のトレンドとして注目されているカラフルなペイズリー柄をあしらったバンドゥタイプのビキニなどが登場した。

(マイナビニュース - 2013年5月26日)
-----------------------------

テーマ:ファッション・コーディネート - ジャンル:ファッション・ブランド

ユニクロの今年デザインはカラフル
ユニクロの新製品がつぎつぎと発表・発売されているのですが、
なんだか今年はカラフルで、いろんなタイプのバリエーションがあるなあと思ってました。
以前は、ユニクロはどちらかというと原色で画一的なデザインという感じだったのですが、
今年は定番よりも、少しバラエティーにとんだきれいないろが多いような気がします。

アベノミクスと関係あるかどうかはちょっとわからないですが、
景気の先行き感がファッションにあらわれることはありそうですね。

ただ、バブルのころにどちらかといえばモノクロがはやったりしていたので、
明るいから明るい色とも限らないかも。

---------------------------

ユニクロは5月16日、本格的な夏の到来に向けて「クールビズ」および「スーパークールビズ」に関するインターネット調査結果を発表。その中で、今年のクールビズファッションのトレンドついて予想している。

2005年の夏にスタートし、以降環境省が中心となって実施しているクールビズ。まず、今年クールビズをビジネスファッションに取り入れたいか尋ねたところ、「取り入れたい」が77%にものぼり、既にクールビズが世間に定着していることが伺えた。

続いて、実際に今年のクールビズで取り入れたい商品を聞いたところ、1位は「快適に過ごしたいのでドライ機能がついたアイテム」(46%)、2位は「快適に過ごしたいので肌触りのよいアイテム」(36%)などとなり、自分自身の快適度を重視している声が目立った。一方で、「周囲からみた好感度」や「カラフルさ」を意識してクールビズアイテムを選ぶ人は比較的少なかった。

(インターネットコム - 2013年5月16日)
-----------------------------

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

ZARA新店舗が展開予定
ZARAの運営会社は、横浜・大阪にインテリア雑貨のお店をオープンさせるのだとか。

雑貨屋さんの人気は不動ですよね。

近年は、景気もよくなかったため、あまり高額なものは喜ばれなかったかもですが、
雑貨は、値段的に安くてもかわいかったり、手作りを加えて工夫したりと、
楽しみ方もいろいろで、かえってここ数年、ますます人気が増した感じはあります。

雑貨やインテリアと、ファッションは切れない縁で、
ナチュラル系を楽しんでいる方はファッションもナチュラルですし、
持ち歩く小さなものも、トータルでコーディネートして楽しめます。

特に小さいお子さんのいる若いおかあさんは、お子さんもトータルコーディネートしていることも多いですよね。

子供服までコミでかわいい、雑貨屋さん系のファッションはまだまだ注目ですよね。

---------------------------

ZARAを運営するインディテックス社は4月下旬、横浜と大阪にインテリア雑貨のZARA HOMEを日本初出店。シーツやカーテン、食器などの雑貨類、ルームウエア、子ども服まで取りそろえる。

 商品はエスニック、カントリーなど異なる雰囲気の4ラインがあり、布地の柄は半年ごとに新作を発表。新商品は週に2回投入するが、定番に近い商品もある。価格はシーツ7千円、クッションカバー約3千円~7千円、タオル類が千円弱~7千円と、決して安くはない。2万円以上するルームウエアもある。

 「毎日変えられないインテリアには、上質な心地よさが大切。服から住まいまで、ライフスタイル全般に提案していきたい」と同社。あくまで布地中心で、大きな家具などの販売はしない予定という。

(朝日新聞 - 2013年5月9日)
-----------------------------

テーマ:雑貨・インテリアおススメ! - ジャンル:ファッション・ブランド