FC2ブログ
私的ファッションニュースチェック
個人的に気になったファッション関連ニュースをチェックしています。
バイカラーのトートバッグ
だいぶ前から流行っているバイカラーですが、流行はまだまだ続いていますね。

最初はシャツブラウスなどでよくみかけていました。

今、記事でみつけたのはバッグ。
トートバッグは大きいので、どうしても重くなりがちですよね。
しかも皮革製品だと尚更重たいことが多いですし、
バッグが大きいからたくさん入っていいかと思えばそうでもなく、
意外とモノがばらけてしまい、大変だったりします。

でも、これなら、整理整頓に役立つ内ポケットがついていて、
とっても使いやすそう。

トレンドもおさえて、使い勝手もいいトートバッグ、
これからの季節にもいい明るい色合いだし、ぜひ入手したいです。



---------------------------
<バッグ編>
■とにかく軽い!バイカラートート
トレンドのバイカラーデザインが季節感たっぷりのトート。プチトート(H23×W41×D13)が約230g、トート(H30×W47×D14)が約320gと軽量で持ち運びやすく、整理整頓に便利なオープンポケット2つとファスナーポケット付き。

プチトートバッグ(品番:OD-881)1,990円(税込)
トートバッグ(品番:OD-884)2,990円(税込)

■変幻自在な2WAYリュックショルダー
ショルダー部分のファスナーを閉めることで、セミショルダーとしても使える小ぶりのリュック。通勤や行楽、普段使いにとシーンに合わせて変幻自在です。ファスナーポケット、マグネットポケットつきで小物の整理に便利な上、コンパクトながら余裕の収納力が自慢のアイテムです。

2WAYリュックショルダー(品番:OD-883)3,990円(税込)

(MSN産経ニュース - 2013年6月26日)
-----------------------------

テーマ:有名ブランド・バック・小物 - ジャンル:ファッション・ブランド

クールビズ今年の色遣いはきれい色
クールビズは、職場にすっかり定着した感じですね。
ファッション誌をみても、会社に着ていくカジュアルな服装の特集がいくつも見られる感じです。
しかし年齢が高いほど、クールビズは難しそうですね。
スーツやYシャツでいればよかったのと、違うので。

ですが近年、特徴的なほどにカジュアルな、派手なアロハシャツやポロシャツよりも、
おしゃれで、よそゆき感のある服装が求められているとか。

それはまた、ハードルの高い人もいそうですね。

女性は、ビジネススタイルもどちらかというと軽くさわやかにこなす人が多かった中、
男性のビジネススタイルにもそういった要素が求められるなど、
かつては考えられなかったこと。
今年はきれいな色使いが研究されているとのことです。


---------------------------
さて、男性ビジネスマンのクールファッションに目を転じてみれば、例えばアロハシャツやポロシャツといったカジュアルなスタイルを想像しがちである。しかし、成熟したクールビズの波はさらに進化を遂げ、今年は「きちんと感」を演出する装いが主流になっているという。

 東急百貨店 MD統括本部 紳士服・スポーツ部 メンズブティック・ビジネスクロージング課長で、主に紳士服のバイヤーを務める大坂洋介氏は、「涼しさの中にも礼節をわきまえ、その上でおしゃれ感をプラスしたスタイルが今年は増えています」と話す。

 その1つが「カラー」だ。例えば淡いブルーやオレンジといったカラーのコットンパンツや、ベルトと靴をボルドーカラーで統一させるなど、少し遊び心のある色遣いが今年流。

(ダイヤモンド・オンライン - 2013年6月14日)
-----------------------------

テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

合コンファッションはやりすぎ注意
合コンとか、いろんな人に会うチャンスにはちょっとでも目立ちたいとか、
かわいく注目されたいとかで、
気合をいれておしゃれしたりするのですが、

やっぱりちょっとやりすぎには注意かなと思いますね。

エクステは、やりすぎると夜のお仕事風に見えてしまうし、老けてみえる気がします。

それにカラコンはたしかに目が大きく見えるけど、大きく見えすぎてちょっと怖いというか、
不気味な感じにすらみえてしまうんですよね・・・

やっぱり不自然すぎるほどつくりあげるのは、さけたほうがいいのかも。


---------------------------

「盛り過ぎ」注意!

男性は、メイクがナチュラルか作り込まれているかどうかは気づかなくても、何となく不自然であると感じるもの。不自然なものに恋心は抱きにくいですよね。男性を遠ざける原因になる以下の「盛り過ぎ」に注意しましょう。

付けまつ毛、エクステを盛り過ぎ

簡単に目力がアップするので、一度やるとやめられなくなるのが付けまつ毛やエクステ。付けまつ毛よりはエクステの方が自然なのでは?と思うかもしれませんが、どちらもボリュームによります。自分ではちょっと薄いかな?と思うくらいの量にしておく方が良いでしょう。

カラコン

黒目が大きく見える方がかわいらしさを演出できるのは事実。子犬のようなくりくりした目は確かにかわいいですよね。しかし、黒、または自然な茶色以外は不評です。日本人が青や緑のカラコンをしているとどうしても不自然さは否めないのです。また、あまりにも直径が大き過ぎるものも評判がよくありません。

(女子力アップCafe Googirl - 2013年6月9日)
-----------------------------

テーマ:☆レディースファッション☆ - ジャンル:ファッション・ブランド

大阪にもファストファッションが続々
東京・渋谷は若者のファッションの街だったですが、
今はだんだん、どちらかといえばオトナの街へシフトしつつあるんだとか。
その中で、H&Mは若者向けの位置づけにはなるんでしょうね。

しかし、ファストファッションは、今や若者だけでなく、ある程度年齢が進んできても、
抵抗なく着こなす人たちが増えています。

そういう人にとっては、価格が安く、デザインも豊富なこういったファッションブランドの選択肢が増えるのはうれしいこと。

大阪ミナミは、ファストファッションの進出が最近になって相次いでいるそうです。

大阪は、東京以上に元気な大人の女性がたくさんいるというイメージ。

その女性たちにはファストファッションはどのようにとらえられているのでしょうね。


---------------------------

ファストファッションと呼ばれる、流行の衣料品を低価格で販売する専門店の出店が大阪・ミナミで相次いでいる。今年4月にスウェーデンの衣料品大手ヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)が日本最大級の店舗を出店したほか、米カジュアル衣料、フォーエバー21も進出した。6月1日にはH&Mの若者向け衣料品店「モンキ」と「ウイークデイ」が開業する。相次ぐファストファッションの専門店の登場で、同地域の集客力が一段と高まりそうだ。

 「モンキ」は日本初出店、「ウイークデイ」はアジアで初の出店となる。アジア初の出店地を心斎橋に選んだことについて、ウイークデイの広報担当、カリン・ハーグマンさんは「活気があって人通りが多い街なので、ブランドのコンセプトにあっていた」と話す。

 ファストファッションの集積が加速したのは、今年4月以降のこと。さすがに開店直後の混雑ぶりは見られなくなったが、最近でも休日には会計を待つ客が列をつくるなど人気は高い。

(日本経済新聞 - 2013年5月30日)
-----------------------------

テーマ:レディースファッション - ジャンル:ファッション・ブランド