FC2ブログ
私的ファッションニュースチェック
個人的に気になったファッション関連ニュースをチェックしています。
パジャマファッションがかわいい部屋着
パジャマファッション・・・
基本的にはパジャマはやっぱり寝るときに着るものですけど、
おうちに誰かが泊まりに来たりすると、急に人に見られることになってあわてますね。

まあ、普段から、身に着けるものはやっぱりかわいいものがいい!ということで、
気に入ったかわいいものを着ているなら問題ないかなと思います。

あと、自分の気分を盛り上げるというか、
パジャマもある程度デザインセンスの良いものや、かわいいもの、
自分のお気に入りのものを着ていたいと気を使うようにするのは悪いことではないような気がします。

---------------------------
寂しい人のために、年末特集番組に出演した芸能人が着たパジャマファッションに関心が集まっている。

クリスマスと年末を迎え、家族や友達と一緒にパジャマを着てホームパーティーを楽しむ人々が増えているからだ。最近、下着業界でも保温はもちろん多様なデザインとアイディアが目立つホームウェアが注目されている。

(innolife.net-- 2013年12月27日)
-----------------------------
1980年代のファッションが復活中
いま、バブル期つまり1980年代に流行ったものが戻ってきているようです。
最近テレビでみたのは、ジャンパースカート、「ジャンスカ」という呼び名もなんだかなつかしいかんじです。
幅広のサスペンダー的なものがついたどこか古めかしいスカートですが、
若者には新鮮に映るのだとか。
「スタジャン」も、かつてとは少しデザインをシックにして受け入れられているそうですね。
あれはアメリカンカジュアルの定番という雰囲気でしたが、
確かに一時期は年齢のいった男性がスポーツのとき着るようなイメージになっていたかも。
戻ってきて、受け入れてくれるなら喜ばしいと思います。

---------------------------
1980年代のバブル時代に流行したスタジアムジャンパー(スタジャン)などのファッションが若者の間で再燃している。当時、青春時代を過ごした40〜50代には懐かしい服装も、現代の若者たちには新鮮に映るらしい。ここ1、2年でじわじわと人気に火が付き、すっかり定着しそうな勢いだ。

 若者らでにぎわう福岡市博多区の大型商業施設「キャナルシティ博多」。ストリート系のファッションを扱う「STUSSY(ステューシー)」では、店内の目立つ位置に数種類のスタジャンを陳列している。本田侑一郎(ゆういちろう)店長(28)は「今年は男女問わずスタジャン目当ての客が増えている」。スタジャンの売り上げは前年11月同期比で10〜20%増という。

(毎日新聞-- 2013年12月20日)
-----------------------------
大切にしたいデザイナーのファッションづくり
神戸はファッション都市宣言をしているそうですね。
主催のコンテストがあって、それは40回の歴史があり、入賞するとファッションのお勉強をさせてもらえるのだとか。

ファッションというのは、ある種添え物というか、洋服には実用性が必要というのがありますから、時によって軽視されがちかもしれません。

でも、ごく当たり前の実用一辺倒の服に、何かをプラスすることで楽しい気持ちがおまけについてくる、と考えると、それは実用性という面で必須ではないとはいえ、感受性を持った人間のひとつの楽しみとして大切にされるべきだなあと思います。

そういうのを足してくれるデザイナーさんたちが、力を発揮できるステージがたくさんあるとよいですね。

日本は以前から世界的なファッションデザイナーを輩出してきた歴史がありますから、これからもそういう人たちがどんどん出てくるといいですよね。


---------------------------
今月7、8日、神戸ファッションコンテストが行われた。今回で40回となる歴史あるコンテストで、入賞者はイギリス、フランス、イタリアの名門ファッション大学や専門学校への留学資格を得ることができる。

 昨年から審査員を務めているが、今回、最終審査に残った作品にある傾向が見えた。テーマは自由だったが、服(clothes)というより衣装(costume)という感じの作品が多かったのだ。審査員を務めるイギリス・ノッティンガム・トレント大学、イタリアのドムス・アカデミー、パリのエスモードとクチュール組合の学校の方々も同様の感想を述べていた。

(読売新聞-- 2013年12月12日)
-----------------------------
レディ・ガガがベルサーチキャンペーンキャラクター
一般的なファッションリーダーとか言われるのとも、ファッションモデル的なリーダーというのも違った、
個性的でアーティスティックなファッションをいつもみせてくれるガガさんですが、
今度、ベルサーチのキャラクターに選ばれたとか。

これが、ファッション広告起用ははじめてだそうです。

あまりにも独創的でキャンペーンキャライメージとして適当といえるブランド戦略は難しいのかも。
でも、これでちょっと違った方向のベルサーチもみせていくのかもしれませんね。

---------------------------
米人気歌手のレディー・ガガさんがこのほど、伊ブランド「ベルサーチ」の2014年春夏のキャンペーンキャラクターに起用され、ビジュアルが公開された。ガガさんがファッション広告に登場するのは今回が初めて。

 ガガさんが同ブランドのデザイナーのドナテッラ・ベルサーチさんと友人であることから起用された。2人の友人関係は、ガガさんが自身の楽曲「ジ・エッジ・オブ・グローリー」のミュージックビデオで、同ブランドのアイテムを着たことが縁でスタート。最新アルバム「アートポップ」には、ベルサーチさんにささげる楽曲「ドナテッラ」が収録されている。

(マイナビニュース-- 2013年12月4日)
-----------------------------