FC2ブログ
私的ファッションニュースチェック
個人的に気になったファッション関連ニュースをチェックしています。
披露宴の服装はNGに気をつけて
「淡い色だから、アニマル柄も大丈夫」とか、
つまさきが隠れないサンダルだけどエレガントだからOK!とか、

日頃勝手に、都合よく解釈していますが、
本当は公式の場、特に結婚式の披露宴は、正装なのでそういったものはダメなんだそうです。

わたしは披露宴にいく機会がないので、まずだいじょうぶなんですけど。

しかし、店員さんも「大丈夫です」なんて気軽にいうのでダメかなと思いますが、
考えてみれば売りたいので、営業トークとしてそういってしまうのはわかりますよね。

逆に、ちょっと古風と感じるくらいのほうが、あんまりTPOに自信ない場合はいいのかもしれません。

普段、フォーマルな場に出る機会がないと、
何か良くて、何が悪いのかということは良くわからないものですよね。

---------------------------
■お洋服:「淡い色だから大丈夫」・・・アニマル柄はNG!
鮮やかな色のお洋服は、場を華やかにする女性ゲストならではの演出です。主催者側からも喜ばれます。特にパステルカラーのお洋服は、取り入れやすい色ですよね。
色が変われどアニマル柄は殺生を連想させる柄なのでNG。

■靴:「綺麗めのデザインだから」・・・サンダルはNG!
真夏のような日差しが降り注ぐ6月。足元もつい軽やかにしたい気持ちから「ヒール高めだし、綺麗めのデザインだからいいよね」なんて言い訳で素足にサンダルで参列していませんか?足元は必ずストッキング着用かつ、つま先が隠れるパンプスが正解ファッション。

(livedoor-- 2014年5月28日)
-----------------------------
レイバンからデニムフレームのメガネ発売
このあいだ、自分でもメガネを新しく買いました。

メガネはいま、かなり安くなっていて、
またそうでないのも比較的価格帯が広くなっており、
とても選びやすいです。

日常的におしゃれアイテムとして身に着けるかたが増えたのでしょう。

そのうち、白木のフレームなどがこの間あって、へーっと思っていましたが、
レイバンから発売になったのは、デニムのフレームなのだそうです。

これから夏に向けてカジュアルな場にしていくにはとってもぴったりですね!

でも、私、デニムのサングラスをかけて似合う自信はないですね…。

---------------------------
日差しが強くなってきて、サングラスが必要な季節がやってきた。普段身につけるアイテムだからこそ、オシャレにこだわりたい人は多いはず。そこでオススメなのが、なんとデニムやレザーといった素材を使った、レイバン(Ray-Ban)の新マテリアルコレクション。同ブランドの最も代表的なスタイルのサングラスに、最新の素材を用いたこのアイテムは、2014年6月から発売が開始される。

サングラスに使われる新たな素材は、デニム、レザー、スチール、チタン、ベルベットの5種類。この革新的なマテリアルを、ボストン型のウェイファーラーやティアドロップ型の定番サングラスに使用することで、全く新しい印象になっている。

(Fashion Press-- 2014年5月21日)
-----------------------------
今年の流行は白・スカート・スポーティ
今年の流行は、スカート・スポーティ・白・・だそうです。

ペンシルスカートの流行がひさしぶりでなんだか新鮮にうつりますね。
白がトレンドということで、全身を白っぽくまとめて、
差し色にバッグを、という方もみかけるようになりましたね。

しかし、白は体型がでやすかったりもするので、
これからの季節に備えて少し体をしぼるようにこころがけておかないと、あとであわてそうです。

ソックスにスカートを合わせるのは、ちょっと難しいなといつも思います。
へたをすると間違ったみたいになってしまうし、バランスに工夫しないとだめですね。


---------------------------
今季はとにかくスカートが流行アイテムです。ペンシルスカート、フレアスカート、プリーツスカートなどさまざまなタイプのスカートが登場していますが、今年は“膝下丈”がポイントになっています。また、女性らしい着こなしだけでなく、ソックスでアクセントを加えたりして、遊んでみるのもぐっと今年らしくなります。

今年どこの展示会でもトレンドカラーとして注目されていたのが、白でした! スカートでもパンツでもどちらでも構わないので、ボトムスで白を取り入れてみてください。思い切って全身を白でまとめれば、オシャレ上級者ですよ。

(日刊アメーバニュース-- 2014年5月13日)
-----------------------------
アジアンファッションを服とアクセサリーで
名古屋の公園で、インドやルワンダの女性が手作りした、
ファッションショーが開催されたそうですね。
名古屋は、発展途上国との公正取引を推進しているのだとか・・

インドやルワンダの女性が手作りしたものだそうで、
こういった品物は、時代を問わず手作り感に引かれる女性たちには人気があるものです。

色使いなども独特の色合いがあって、
日本ではちょっと見られないタイプのものもしばしば。

最近、大型スーパーのテナントでも、
アジアのデザインを専門で取り扱っていることが増えましたよね。
日本人にはどこか郷愁があるようなデザインなのかもしれないです。

---------------------------
「世界フェアトレード・デー」の10日、名古屋市中心部の公園で、インドやルワンダの女性らが手作りした自然素材の夏服や装飾品をモデルが着こなすファッションショーが開かれた。

 名古屋市は、発展途上国との公正な取引に熱心な街だとして、民間団体の「フェアトレードタウン」認証の取得を目指している。市民の認知度が高いことも認証条件で、ショーは啓発行事として企画された。

 「優れたデザインを通じ、おしゃれを感じてくれれば」と主催団体の原田さとみ代表。その言葉の通り、鑑賞者約150人はすっかり魅了された様子で盛んに写真撮影していた。

(Fashion Press-- 2014年4月24日)
-----------------------------