FC2ブログ
私的ファッションニュースチェック
個人的に気になったファッション関連ニュースをチェックしています。
主婦がファッションにかける費用
主婦が月にかける洋服費は、3000円くらいだそうです。

必ずチェックするお店として、
「一度に多くのお店をチェックできる大型ショッピングモール」
「しまむら」「ユニクロ」「GU」
というあたり、共感できる感じです。

主婦はできるだけ家計に負担をかけたくないけれど、
でも出歩くことも結構あるので、きれいにはしていたい、となると、
プチプラのお店がメインになるのは当然ですよね。

こういったお店の商品でも、
最近はテレビで、プチプラコーディネートなどもやっているし、
十分楽しめそうな感じです。

---------------------------
外見の印象を左右するファッション。とはいえ、あまりお金をかけられないのも現実。主婦のファッション事情についてアンケートをとった。

「オシャレは好きですか?」の質問に、7割近くが「はい」と回答。「好きな服を着ると気分も上がり、何事にも前向きになれる」といった意見が多く寄せられた。

月々の被服費は「3000円未満」が全体の半数で、最も多い結果に。次いで「5000円未満」25%、「1万円未満」16%。服を買うときは「安くても、安く見えない服を選ぶ」、「着回しできるシンプルなものを」、「パーソナルカラー診断でわかった自分に似合う色だけを取り入れている」など、お金をかけずにアイデアや工夫でオシャレを楽しんでいるようだ。

(ウオーカープラス-- 2015年12月26日)
-----------------------------
オーバー60歳のファッション志向の女性たち
オーバー60歳などの方々のファッションに象徴される大人の学びが得られると、
先日、テレビでも話題になっていました。

海外のファッションにたけている年配女性たちの紹介です。

いまもエルメスなどの高級なバッグをいくつも日常使いして、
攻めの姿勢をくずさない女性たちはとってもかっこいいですね。

もちろんこういうひとたちを参考にするには、
日々の暮らしにある程度のゆとりがなければ難しいでしょう。

そもそも「ファッション」自体に目が行かないひとも多いのでは・・

しかしたぶん、そういうのこそやめましょうという提案なのでしょうね。

でも、ブランド品じゃなくても、
自分の持ち物にこだわりを持って使いこなし、
ちょうど身の丈にあってきれいに保っていれば、
それはそれで、みんな素敵になれるのだと思います。

---------------------------
続いてルチア・セルレンガさん、オーバー60歳。彼女の名言はコチラ。

「流行に流されるのは “逃げ” 。ファッションは攻めなくちゃ」

60歳を超えてなお、攻めのファッションを求め続けるってカッコいい。「流行を追うのは一見、能動的だけど、本当は受け身な行為なのよ(略)自分を知ることが、センスを磨く最大の秘訣なの」とおっしゃっています。この言葉、どの国のどの年代の女性にも共通するんじゃないでしょうか?

(Pouch[ポーチ]-- 2015年12月16日)
-----------------------------

テーマ:おしゃれ最新情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

衣替えシーズンに洋服の整理をする
衣替えシーズンにいつも悩むのは、
収納スペースの足りなさですね。

わたしの場合はそれほど物持ちではないので、
毎回、あふれたものを軽く寄せておいて、
決心がついたらそのまま廃棄、
という感じで十分間に合っています。

でも、たくさん服を買う方などは、
ついとっといてしまうと来シーズンにそれらをどうするかかなり悩みそうです。

ニットならニット、スカートならスカートを眺めて処分していく、
というのも確かに効率は高いのでは。

あと、用途別、というのもよいと思います。
仕事用の部分と、プライベート用部分を分けて見直してみると、
自分の服の偏りや、意外と着ていない商品なども気づくことができますから。

---------------------------
【1】 同じカテゴリーを一気に見返すこと。悩む時間は10秒以内! 汚れ、毛玉、ほつれのあるものは悩まず捨てて。
ニットはニット、スカートはスカート……と見直してみると、意外と着ていないものが出てくるはず。残ったものの中でも「まだ着られるから」と選ぶのではなく、どの程度劣化してしまっているかをきちんと確認して。

【2】 ファストファッションやデニムは1年間、その他のもので3年間着ていない服は、賞味期限切れと考える。
最近のファストファッションアイテムは質が良いので長く着られますが、いくつも持っていても仕方ありません。見た目が気に入っていても、着る機会がまったくないような服もできるだけ思い切って手放しましょう。

(livedoor-- 2015年12月11日)
-----------------------------
冬の時期のアウター
秋冬のファッションは、どうしても重たくなってしまうし、
外で上着を脱がなければ手を抜いても他人にばれないので、
つい、とても手軽な方法で外に出てしまったりしますよね。

しかし、セーターなどは完全に防寒用具。

ただし、あたかかく、軽い、というのが一番のぞまれる外出時の上着は、
手入れが簡単で、温かいので、
その下にゆったりしたニットなどを着ることで解消できるようですね。

男性に、そういったニットアイテムをプレゼントするのもよいかもしれないです。

---------------------------
まずトップスに、High Neck Cable Knit Sweaterを着用。WOOL混の保温性の高いボーダーとケーブルを組み合わせ編み上げたハイネックセーターなので、とにかく暖かく着心地がいい。また、袖の部分にIRIE LIFEのタグが付いているのが、よりおしゃれに仕上げている。間違いなく今シーズンのマストアイテムになるだろう。

アウターには3LAYER生地を使用したMountain Down Jacketを着用した。完全防水のダウンを使用し、寒い北海道を生き抜くのにベストな極寒期対応のハイスペックジャケットである。またヘヴィーアウターなのにそこまでシルエットが大きくならず、スリムに着こなせるところがいい。後ろにはIRIE LIFEプリント、左腕にはIRIE LIFEのワッペンがついている。

(livedoor-- 2015年11月28日)
-----------------------------