FC2ブログ
私的ファッションニュースチェック
個人的に気になったファッション関連ニュースをチェックしています。
冨永愛さんのおかあさんファッション
冨永愛さんは、モデルらしく身長が高くてファッショナブルで、
でもバラエティでも見かけることもあり、
最近はモデルさんはお休みされていたようですね。

インタービューが興味深かったのですが、
休業して子育てをメインにやっている間は、
PTAにいくにもTPOにあわせた普通の服を買っていたと。

それは、ファッションで自分に魔法をかけるのではなく、
おかあさんらしいという魔法をかけていたのだと、
いうのがとてもモデルさんらしくて素敵な発言だと思いました。

おかあさんファッションに身を包んでいる人も、
やむを得ずオシャレできていないのではなくて、
おかあさんらしく装っているのだと思うと、
なんとなくポジティブな感じがします。

---------------------------

冨永 私にとって服っていうのは、魔法なんですよね。それはずっと変わらなくって。女性って、自分に魔法をかけて生きているじゃないですか。今日はこういう日だからこういう服を着たい、とか。私がPTAに行くときの服は、自分が「お母さんでいたい」と思って着る服だった。他のお母さんたちの中に溶け込むように、と魔法をかけていました。

(VOGUE JAPAN------ 2017年10月27日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

渋谷ファッションウィークにぴったりのシシドさん
シシド・カフカさんは、最近はドラマにも活躍されていますね。

美しいドラマーさんという以上の活躍ぶりをみせてくれています。

NHKの朝ドラ「ひよっこ」は私も見ていました。

そのシシド・カフカさん、
渋谷ファッションウィークでアンバサダーを務めているそうです。

おしゃれなイメージにぴったりですね。

渋谷には、小学校の時から通っていたんだとか。

ドラムを習い、ライブを開催してきた街だそうです。

今回のテーマは「ジェンダーレス」。

シシドさんの中にあるイメージは、「とがっている街」。

そんなイメージにぴったりの、
思い入れ深い場所であるシシド・カフカさんの渋谷。

おしゃれで先進的なシシドさんに、ぴったりです。

---------------------------
女性ドラマー、シシド・カフカ(32)が22日、アンバサダーを務める「渋谷ファッションウイーク」に出演した。「渋谷は小学生の時から通っていた街であり、ドラムを習った街であり、ライブを開催してきた街でもある、非常に思い入れが深い場所です」と開催場所の渋谷への思いを語った。

 この日のファッションのポイントについて「ジェンダーレスです。私にとって、渋谷は“尖っている街”というイメージがあるので、私も尖りきった最たるものを披露しようと考えていました。あいにくの雨ですが、その雨だからこそできたスタイリングだと考えています」と説明した。

(サンケイスポーツ----- 2017年10月22日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

今年はハロウィン衣装が中心
ハロウィンというとコスプレ、ということで、
パーティーでコスプレして集まる、というのが、
日本でもかなり一般的になってきました。

今年のハロウィンは、そんなコスプレとかよりも、
本来的なハロウィンの扮装をするのがメインなのだとか。

ハロウィンの扮装といっても、
しっかり全身仮装というものでもなくて、
ちょっとだけカワイイ系の飾りとか、
というものでいいようですね。

ハロウィンは、カワイイ系もありますが、
ホラー系、とかもハロウィンだとそういうものも楽しみやすそうです。

普通のかわいい格好に魔女の帽子とかも、
誰でも試しやすそうでいいと思います。

私は年代的にハロウィンってなじみがなく育ちましたので、
いまいちハロウィンではあまり盛り上がれないところがあります。

---------------------------
■コスプレよりもハロウィンファッションが人気!?

「今年はちょいハロ、ちょいコスのかわいい仮装が好まれます。本格的な仮装やゾンビなどのホラー仮装は、イベント参加者が中心です。ちょっとハロウィンを楽しみたい、そんな人にはホラー系は好まれず、カワイイ系に人気が出るように思います」(岡本さん)

(エキサイトニュース----- 2017年10月14日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

地元学校のファッションショー
ファッションショーの話題は、どうしてもパリコレとか、
国内の場合でもたくさんの有名なモデルさんやタレントさんがコラボしたものが多いですが、
服飾系の学生さんもかなり活躍しているんですよね。

小さな県にもファッション系の学校はあって、
そこでは学内や地域のファッションショーが開催されているようです。

わたしの住む地域でも服飾専門学校でがんばっている生徒さんが、
それぞれの力量でドレスをつくったり、
テーマに沿った衣装をつくりあげているようです。

もっとそういうシーンが有名になったら、
そこから若者の流行が生まれたりしないかなと、
そういう告知をみると、思いますね。

ファッションのトレンドも、
以前は影響力のある人やメディアが作ってたという印象がありましたが、
今ではSNSがある程度影響を持つようになっています。

そういう背景がありますから
地方の学校初のファッションも注目されるようになるかも?

---------------------------
神戸女子大(神戸市須磨区)の学生がデザインした衣装によるファッションショー「SHINJO GIRL,S COLLECTION」が30日、イオンモール神戸南(同市兵庫区)みなとコートで行われた。モデルも同大の学生が務め、会場は華やかな雰囲気に包まれた。

 同大が主催。神戸開港150年記念事業として、同市中央区に本店を置くアパレルメーカー「神戸レタス」の協力も得て行われた。

 ファッションショーには同大服飾サークル「ファッションAnfang(アンファング)」に所属する学生約50人が参加。衣装は同サークルの部員が「神戸」をテーマにデザインを考案。

(産経ニュース----- 2017年10月1日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド