FC2ブログ
私的ファッションニュースチェック
個人的に気になったファッション関連ニュースをチェックしています。
ファッションとしてのウィッグ
髪のおしゃれというのが、ヘアスタイルだったり、
アレンジだったりするのは若い人の大切なことですが、
年齢がちょっと進んでくると、
男女ともに薄毛に気が行く場合があります。

いまは、植毛だったり育毛だったり・・・
そういった分野にアプローチして、
若々しいファッションを保てるようにして、
実際、髪の悩みを解決している人も多いのだとか。

ファッションウィックというのが、
昔は単にかつらのことだったのが、
いまはコンプレックスや年齢をくつがえす
ファッションアイテムのひとつになってきているようですね。

自然な仕上がりのものほど、
値段的には高額になっていくのは仕方のないところなのかも。

---------------------------

レディースアートネイチャー 帝国ホテルアーケードサロン、マリー・ボーテ 鶴屋店

あなたの街のジュリア・オージェ。キレイとの出会いは、ショップから。
ご試着はもちろん、ウィッグについてのご質問やご相談、あるいは手触りを確かめるだけでも結構です。いつでも“あなたの街のジュリア・オージェ“のショップまでお気軽にお立ち寄りください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

(PR TIMES (プレスリリース)------ 2017年12月27日)
-----------------------------

テーマ:美容と健康 - ジャンル:心と身体

ファッションを本でお勉強
男性のファッションについて、
休日の服がどうも決まらない、
いつも同じ、カジュアルというか
ちょっとリラックスしすぎな服装になってしまう、
という悩みは、本人も、
その奥さんや彼女も、いろいろあるようです。

いつだったかテレビでは、
いつもユニクロファッションになってしまう人には、
ボトムを黒の細身のパンツにすると、
カジュアル感が減っておしゃれになる、
と云っていました。

そういった悩みにこたえる本も出ているとか。

似合うと思ってプレゼントした服を着ないのは、
着たくないというよりは、
普段と違う服を、どうやって着たらいいかわからない、
というのが理由なのかも。

そんな人には、本でのお勉強もいいかもしれないですね。

とはいえ、そういう人は、
本で読んでもあまりそれを役立てることができないかも。

なので、奥さんなり彼女さんが一緒になって、
本を参考にしてファッションを見直すようにしていくのがいいかもですね。

---------------------------
ビフォーアフター体験を提供するシンデレラプランニング代表で、トータルスタイルプロデューサーの三村愛初の著作『夫・彼氏のがっかりファッション改造計画』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が発売されました。
夫・彼氏のファッションがいまいちあか抜けない、もっと似合う服があるはずだけど、男性のファッションについてどうすれば良いか分からない、また、似合うと思って洋服をプレゼントしても、結局着てくれない…そんな悩みを持っている人は多いもの。
本書では、7万人の統計データを基にしたタイプ分け診断で、夫や彼氏、息子や父親など、大切な人にもっと似合うファッションが発見できます。

(PR TIMES (プレスリリース)------ 2017年12月15日)
-----------------------------

テーマ:メンズファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

クリスマスファッションの季節
クリスマスは、大人も子供もクリスマスファッションに身を包むのが楽しみ。
そんな人もけっこういるのではないでしょうか。

パーティーとまではいかなくても、
クリスマスだからお友達と騒ぐとか、
そういうときに、季節感やイベント感を出して臨む人も結構いるでしょうね。

でも子供ファッションのかわいさにはかないません!

クリスマスのトナカイさんや、
サンタさんにふんしている子供って、
歩いているのをみるだけで、
ハロウィンなどと同じく、写真とかとりたくなってしまいますよね。

12月も後半に入ってきているので、
そういうシーンをみることも多そうで、楽しみです。

私自身は、もちろん、見る側専門です(^^;

クリスマスファッションをしたことは今まで
一度もありませんし、
もっぱら、周りの人たちがしているのを見て、
雰囲気とかを楽しむ側です。

---------------------------
同店2階のフロアにレッドカーペットが敷かれ、保護者や買い物客らが見守った。ショー前半は、イオン直営ブランドや専門店一押しのファッションに身を包んだ子どもたちが登場。

 後半は、サンタやトナカイ、クリスマスツリーなどそれぞれが準備した衣装を着飾った子どもたちが緊張したり、恥ずかしそうな表情を浮かべたりしながらカーペットを歩いていた。

 ショー終了後には記念撮影があり、互いにかわいらしさをアピール。親たちは「凝ってるね」「どこで買ったんですか」とやりとりしていた。

(西日本新聞------ 2017年12月10日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

ハイブランドと似たお手軽商品
ファッション界では、私などには
どうしてそういう値段なのかよくわからない商品があります。

ハイブランドといわれるものの価値は、ちょっとわかりにくいです。

つまり、同じような品質の商品でも、
そのブランドが付くと10倍くらいの値段になってしまうということらしいですね。

私なんかは、ジーンズ1本に7万円なんてとても払えません。

だったら、zaraの5990円で十分です。


もう一つ私事ですが
たとえばバッグであれば、
その使いやすさという点では、
防水加工した本革より、
手軽に持てる軽量の合皮バッグのほうが扱いやすかったりします。

わたしは雨の日に、
必要以上に持ち物に気を配るのがあんまり好きではないため、
そのほうがいいんです。

価値観はさまざまですが、
ハイブランドにとてもよく似た商品をよろこばしく思う人がたくさんいるなら、
そういった商品はどんどん開発されるべきなのかもしれないですね。

---------------------------
続く3位はZARAのRAWEDGEスキニージーンズ。こちらもダメージ加工が施されたデザインが特徴的なイタリア発の高級デニムブランド、ディースクエアードが約7万円という価格帯なのにたった5990円だ。

【比較ブランド】ディースクエアード

「ストレッチ素材の進化によって高級ブランドのデザインが簡単にコピーできるようになりました。また、4位のユニクロのエクストラファインメリノボーダークルーネックセーターは、人気ブランド・J.W.アンダーソンとのコラボ商品。オリジナル商品が6万円台の一方、こちらは3990円。デザインソースは限られるので、『らしさ』を出すために本家が公認した類似商品です」

(日刊SPA!------ 2017年12月3日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド