FC2ブログ
私的ファッションニュースチェック
個人的に気になったファッション関連ニュースをチェックしています。
東大発のファッションショー
東大というと、ファッションとは無縁というか・・
なんといっても勉強ができる大学なので、
個々にファッションにこだわる人はいても、
イベントとしてのファッションショーとはかなり遠いイメージです。

そんな東大で、男女の垣根も超えたファッションショーが開かれるとか。

ファッションショーでは、
松村さんが2017年6月に立ち上げたブランド「blurorange(ブローレンヂ)」の新作や、
丸井グループのパンプスなどを組み合わせたコーディネートを披露する予定、とのことです。

宣伝写真をみると、モデルさんも男女の垣根を超えています。

スカートは女性、と誰が決めたのでもないので、
着たいと思うものをファッションとして着る、
それを具現化した素敵なイベントだと思います。

---------------------------

ファッションショーは「参加型」にするという。当日会場を訪れた人なら誰でもステージに上がり、ショーに参加できる。
松村さんはハフポスト日本版の取材に対し、以下のように意気込みを語っている。

「既存のファッションショーとは違って、"見る人"と"見られる人"を区分をなくしたいなと思います。来ていただいた方が誰でも舞台に上がることができるようなショーにしたい。プロっぽい空間にはせず、素人の方にもモデルとして出ていただいて、音楽もモデルに合わせて即興で生演奏してもらう予定です」

ハフィントンポスト--- 2018年5月14日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

エシカルファッションとブランド
エコロジーとエシカル。

だいぶ前に知ったところ、
たしかこれらは似ているようで、ちょっと違うんですよね。

エコロジーは自然素材に由来しているもので、
たしかエシカルとは、その由来や思想など、
例えば労働についても、思想とつながっていて、
ひとつのコンセプトに沿った製造から、
販売して手元にとるまでになっている・・
そんなものだったと記憶しています。

エシカルファッションのショップというのもあるのですね。

日本に持ってくるとこういうのは、
かなり価格などがあがってしまうのではと思うのですが、
コンセプトを大事にするのは商品としては大事なことですから、
歓迎する人も多そうですね。

---------------------------

今まで日本になかったエシカルファッションの選択肢を提案するコンセプトショップ A Scenery Beyond..(シナリービヨンド)は、5 月 9 日より新規に 2 ブランドの販売を開始。スコットランドにデザインスタジオを構えモロッコをはじめ各地の職人たちとのパートナーシップによって雇用と伝統手工芸を守る「Bohemia(ボヘミア)」よりポンポンやスカーフでカスタマイズできるラウンドバスケット、またインドにてインド人による徹底的にオーガニックとフェアトレード、デザインの感覚にこだわったエシカルブランド「No Nasties(ノーナスティーズ)」よりオーガニックコットンのワンピースやタンクトップなどを展開する。

PR TIMES (プレスリリース)--- 2018年5月11日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

60代のファッション誌も誕生
60代向けの本で、
最近ファッションに関するものが出てきているとか。

そうですね、最近は、40代でも「女子」と呼んで、
かつてはもうファッションから遠い感じになった人もいたであろう世代が、
いまではそういうことなくファッションを楽しんでいます。

インテリア本は、近年、実用的なものから、
暮らしそのものがおしゃれに思えるものに変わってきています。

それは、実例がいくらでもネットでは得られるので、
本は、その世界観をしっかりもって編集しないと、
買う意味が見いだせないものになるからだと思われます。

そんな状況下で、50代・60代といった人たちも
暮らしとともにおしゃれに目を向けやすい感じになっているのかも。

情報は年齢関わらずいきわたるし、
50代のひとはネットが出来た当時から使いこなしているので、
考え方も若く、情報吸収も早いのかも。

世代を問わないおしゃれやファッションの存在は、暮らしを豊かにしますよね。

---------------------------

宝島社によると、かつて60代向け雑誌のテーマは「健康」がほとんどだった。ところが昨年、インテリア本の出版に際して50、60代の女性を取材。身の丈にあったさりげないおしゃれを楽しむ人たちの美しさに編集者が気づき、今回の企画につながったという。

 同書の特徴は「自然体」「心地よさ」「髪は染めずにグレーヘア」の3点を軸に、60代以上のリアルな女性たちが登場していること。1月に発売された創刊号は数日で増版となり、4月20日には第2弾「春夏Vol.1」が出版された。

産経ニュース--- 2018年5月5日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド