FC2ブログ
私的ファッションニュースチェック
個人的に気になったファッション関連ニュースをチェックしています。
安い服と高い服の違い
安っぽくみえるとかで、
あんまり着ない方がいい服について、アンケート結果をみました。

薄すぎるニットが、その中にあったのですが、
そうかな?と思いました。

薄いニットでも上質なものは、
見てすごくセンスがいい感じがするものもありますよね。

逆に上質だからこそ、
薄くてもしゃきっとしていたり、
透け感が美しかったり。

毛玉ができやすいのは、
安くて、というよりは、素材の問題。

高額でも、素材にアクリル系が混じっていると毛玉もできやすいです。

こういう批評やアンケートをみると、
手作りをしたことがないのかなと思います。

確かに、安いから伸びやすいとかもあるかもしれませんが、
それはどちらかといえば、素材や処理の仕方のせいで、
襟ぐりを折り返してしっかり縫う程度で価格があがったりはしないので、
やすいかどうかとは、また違うのではないかと思います。

---------------------------
(1)薄すぎるニット

『まぁ、高いものには見えない』(26歳/インストラクター)

ニットなのに、薄すぎるものはいくらサマーニットでもバレてしまいます。
薄いと、インナーが悪い意味で透けすぎてしまったり、毛玉ができやすかったりしますよね。

そのうえ暖かくないので、重ね着して着ぶくれしてしまうという悪循環……。
ニットはインナーなどで着ることはないので、なるべく素材のいいものを選ぶようにしましょう。

(livedoor--- 2019年5月18日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

話題になっていたメットガラ
メットガラというファッションの祭典、
これはニュースで大きく取り上げられていました。

レディーガガさんが、
最初登場したときのボリューミーなピンクのドレスから、
何度も脱いで印象の違うドレスに変化していって、
最終的には黒のランジェリー姿になったとのこと。

ランジェリーになっても
やはりファッショナブルというところが、
ガガさんのすごいところですよね。

他にもさまざまな、
今年のテーマらしい奇抜なファッションを披露していましたね。

ファッションに敏感な人だけではなくて、
カラーが好きな人、刺激がほしい人など、
いろんなタイプの観客が
たのしめる面白いイベントだなあと思います。

---------------------------

年に一度のファッションの祭典「メットガラ(MET GALA)」が今年もついに開幕! 2019年5月6日(現地時間)、開催場所であるニューヨークのメトロポリタン美術館に、豪華な顔ぶれが揃った。

71回目の開催となる今年のテーマは、「キャンプ:ファッションについてのノート(Camp: Notes on Fashion)」。アメリカの作家スーザン・ソンタグ(Susan Sontag)が1964年に発表したエッセイからインスパイアされたもので、主催者のアナ・ウィンター(69)はこれを“過剰性”や“不自然さ”と解釈し、セレブたちは例年以上に華やかなドレスに身を包み登場。

(SPUR.JP--- 2019年5月9日)
-----------------------------

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド